コーポレートセキュリティをスマートにして行きます

社長挨拶

  • HOME »
  • 社長挨拶

1971年(昭和46年)に、業務用VTR(ビデオ・テープ・レコーダー)が発売されたのを契機に先代の社長であった住谷幸生が会社を興しました。(2015年8月16日没)

当時VTRは、発売されたばかりで高価な物、特別な物でした。当時30Kg以上もあるVTRを持ち、お客様に如何にVTRが素晴らしい物で、世の中の役に立つ物なのかを伝道師のように伝え歩きながら販売していました。 その精神は、物だけを売るのではなくその製品が如何に役に立つかを訴えていたのでした。

当社の精神は、まさに此処にルーツがあり、問題解決方法(ソリューション)を提供するビジネスを推し進めてきました。 結果、お客様の視点に立ち、システムを構築し提供するという顧客優先主義をモットーとする弊社企業理念のもととなりました。 これは、セキュリティシステム関連事業がメインとなった今でも変わりません。

セキュリティシステム事業は、1984年(昭和59年)に、日本IBM様に監視カメラシステムを納入したことがきっかけで始まり、その後当時としては画期的なPCベースの監視カメラシステム(CCTVシステム)及びアラームモニタ リングシステムを開発し納入した事から本格的に始まりました。 現在では入退室管理システム(アクセスコントロールシシテム)、監視カメラシステ ムといったフィジカルセキュリティシステムを中心に約350社、400システム以上を納入しております。特にコンサルティングベンダーとして高く評価され ており、単にシステムのセールスというよりは、オフィスレイアウトから考えたセキュリティシステム設計と、運用管理まで考えた提案が外資系企業様からパー トナーとして厚い信頼をいただいています。

情報システム事業は、1990年(平成2年)代半ばから、機器販売・システム販売からAV会議室のコ ンサルティング営業に特化し、特に外資系企業の最先端AV会議室・TV会議室の設計・施工・保守に特化しています。各種プログラマブルコントローラーによ る制御では経験と最先端の技術で高い評価をいただいています。

今後、セキュリティビジネスではリーディングカンパニーとしての評価と実績をさらに発展させ、特にIP監視カメラシステムに特化して内外の優秀なセキュリティ製品を逸早く日本市場に紹介し日本のセキュリティビジネスの最先端を担ってまいります。 また、無い物は作るの精神で、企画開発を更に進めて、スマートでクールなセキュリティシステムを構築して業界を先導してゆく役割を担います。

お客様に当社を選んでいただいて満足が得られるよう、今後とも努力してまいります。

sumiya2

代表取締役社長 住谷 健

お気軽にご連絡ください。 TEL 03-5472-0280 9:30~18:00

PAGETOP
Copyright © ビデオテクニカ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.