コーポレートセキュリティをスマートにして行きます

DeskCamera (デスクカメラ)

  • HOME »
  • DeskCamera (デスクカメラ)

   

DeskCamera (デスクカメラ)

–Windows PCの画面を仮想ONVIFカメラ化してVMSで記録可能–

–最大2画面、Webカメラ・内蔵カメラ・マイクにも対応–

 

DeskCameraマニュアルダウンロード

DeskCamera解像度変更方法

 

概要

デスクカメラは仮想ONVIF IPカメラで既存の監視カメラシステムにPCワークステーションの画面映像を簡単に取込むことが出来ます。

このソフトウェアはコンピューター画面とWebカメラをキャプチャーし、仮想IPカメラからリアルタイムのライブビデオフィードとしてストリーム配信します。

デスクカメラは既存の監視環境でPCオペレーターの操作を監視する必要が有るあらゆる組織にとって、ソフトウェアのみで簡単に監視カメラシステムに統合できるソリューションです。

ONVIF準拠を使用する事は、デスクカメラが多くのビデオ管理システム(VMS)またはネットワークビデオレコーダー(NVR)と互換性がある事を意味します。

このソフトウェアは、現金端末、銀行、スーパーマーケット、試験/認証センター、SCADA端末、およびWindows PCをサービスまたは情報のポイントとして使用するあらゆる業界で使用できます。

 

機能

●Onvif Profile S準拠 

 

●ONVIF規格をサポートのNVR/VMSに対応

 

●複数デスクトップ(モニター)をサポート

複数のデスクトップ画面を同時にキャプチャしてストリーム配信します。

 

●複数のWebカメラサポート

デスクカメラは、PCに内蔵されているWebカメラとUSB接続されたWebカメラをサポートしています。 1台のPCに多くのWebカメラが接続された場合にもそれらを同時にストリーム配信する事ができます。

 

●オーディオ(マイク)をサポート

システムで使用できるすべてのマイクは、任意のビデオ入力で使用するように設定できます。 使用するためにWindowsのデフォルトのマイクを設定するオプションもあります。 デスクカメラはビデオと一緒にオーディオフィードを生成します。

オーディオはG.711(PCMU)エンコード形式で配信されます。

 

●画面の回転をサポート

出力ビデオストリームを自動的に回転させることができます。

回転には以下のモードがあります。

– Auto – デフォルトモード。 このモードでは、縦向きのスクリーンを横長のビデオストリームに変換します。 ほとんどのハードウェアONVIFエンコーダと同じ方法です。 ランドスケープ画面は変更なしでストリーミングされます。

– なし。 出力ストリームは回転しません。 ポートレート画面はポートレートビデオストリームとしてストリーム配信され、ランドスケープ画面はランドスケープビデオストリームとしてストリーム配信されます。

– R90。 出力ストリームを右に90度回転

– L90。 出力ストリームを左に90度回転

– FlipH。 出力ストリームを水平方向に反転

– FlipV。 出力ストリームを垂直方向に反転

 

●マルチチャネルモード

このモードでは、複数のビデオチャンネルを持つ1つの仮想ONVIF IPカメラ(各ビデオ入力(スクリーンまたはWebカメラ用)を生成します。

(例 – 2台のモニターが接続され、1つのウェブカメラがある場合、DeskCameraは3つのビデオ出力/チャンネルを持つ1つのONVIFデバイスとして表示されます)

 

●マルチカメラモード

このモードでは、ビデオ入力ごとに新しい仮想ONVIF IPカメラを作成します。

このモードは、NVR / VMSがONVIFマルチチャネルデバイスをサポートしていない場合に便利です。 この場合、ビデオ入力毎に新しいIPカメラを登録します。 すべてのカメラは同じIPアドレスを共有しますが、異なるポートが割当てられます。

(例 – 2台のモニターが接続され、1台のWebカメラがある場合、DeskCameraはポート8090,8091、および8092で動作する3つのONVIFデバイスとして表示されます。各デバイスには1つのビデオチャンネルがあります)

 

●ネットワークを介した自動検出

 

●DVR/NVR/VMSからの直接カメラパラメータを管理する

DVR/NVR/VMSから以下のパラメーターを管理出来ます。

1.カメラの再起動/リセット

2.ビデオプロファイル(ビデオチャンネル毎に2つのプロファイル(MainStream, SunStream); NVRは必要に応じて独自のプロファイルを作成できます)

3.ビデオエンコードフォーマット

4.デバイススコープ

5.ビデオの解像度(デスクトップの解像度を変更することができます)**

6.FPS(3から20までの範囲がサポートされています)**

 

●セキュリティ保護されたONVIFストリーミング

 

●セキュリティ保護されたRTSPストリーミング

 

●RTSP over UDP and TCP

 

●RTSP over HTTP

 

●フルHD画質までのMJPEGエンコード形式のデスクトップ/Webカメラをストリーム配信 **

 

●フルHD画質までのH.264エンコード形式のデスクトップ/Webカメラをストリーム配信 ***

 

●FPS調整**

 

●バックグランド動作

 

●パスワード保護

デスクトップカメラのUI部分はパスワードで保護する事ができます

 

* – デスクカメラはほとんどのOnvif Profile Sの機能をサポートしています。

  ネットワークの設定とユーザーの設定はサポートされていません

** – 画面入力ソースに対して解像度とFPSを管理することができます。

  Webカメラ入力は、常にWebカメラ独自のFPSと解像度を出力します。

***-H264でのフルHD画質は初期設定で無効となっています。有効にするには”DeskCamera.exe.Config”ファイルの”EnableH264ResolutionRestriction”パラメーターを”False”に設定して下さい。

 

システム要件

Windows7以降のx64またはx32 OSが必要です

.NET Framework 4.5

Visual C ++2013 再頒布可能パッケージ

中性能のPC

ライセンスを有効にするにはインターネットに接続する必要があります

 

お気軽にご連絡ください。 TEL 03-5472-0280 9:30~18:00

PAGETOP
Copyright © ビデオテクニカ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.